阿部出版オンラインショップ/TOPページ


ようこそ ゲストさん

  • ホームへ戻る
  • サイトマップ
  • マイページ
  • カートを見る

阿部出版のご紹介

阿部出版は1971年に設立。版画、陶芸など美術の分野をはじめ、文化、健康、スポーツなどの各分野で、よりよく生きるため、豊かなライフスタイルの充実のために、様々な書籍を出版しています。

最新情報/What's New

・ 2014年4月 「珠玉の茶器」刊行
・ 2014年3月 「版画芸術」163号刊行
・ 2014年3月 「陶芸家150人 2014年 現代日本の精鋭たち」刊行
・ 2014年2月 「炎芸術」117号刊行
・ 2013年12月 版画技法入門講座「木版画を作ろう」刊行
・ 2013年9月 「吉岡弘昭全版画 1967-2013」刊行
・ 2013年9月 「草間彌生全版画 1979-2013」刊行
・ 2013年9月 「志野と織部 All of Shino & Oribe」刊行

「版画芸術」

季刊「版画芸術」は、1973年創刊以来、日本で唯一の版画専門誌として、版画界で大きな役割を担ってきました。「版画芸術」のニュートラルな編集姿勢とハイレベルな印刷品質は、専門家の間でも定評のあるところです。「版画芸術」では、江戸時代の木版画・浮世絵から現代美術まで、幅広く多くの版画を取り上げています。また、版画コレクターにとって、必須アイテムである、著名版画家たちの作品集、カタログ・レゾネも多数刊行しています。

「版画芸術」で紹介したおもな作家

野田哲也(1940-)

1940年熊本県生まれ。63年東京芸術大学美術学部油絵科卒業。67年日本版画協会展で新人賞受賞。68年東京国際版画ビエンナーレで国際大賞受賞。写真イメージに水性木版画の伝統を活かした作品の受賞が話題となる。70年クラコウ国際版画ビエンナーレ第2席及びワルシャワ美術館賞受賞。77年リュブリアナ国際版画ビエンナーレでグランプリ(87年名誉大賞)受賞。78年ノルウェー国際版画ビエンナーレでグランプリ受賞。93年第6回山口源記念大賞受賞。(『版画芸術』134号巻頭特集)

靉嘔、アンディ・ウォーホル、池田満寿夫、池田良二、井田照一、織田一磨、小野忠重、恩地孝四郎、片岡球子、香月泰男、加納光於、加山又造、柄澤齊、河内成幸、草間彌生、小林清親、駒井哲郎、シャガール、ジャスパー・ジョーンズ、菅井汲、清宮質文、関野凖一郎、谷中安規、名嘉睦念、中林忠良、難波田龍起、野田哲也、長谷川潔、浜口陽三、浜田知明、平塚運一、深沢幸雄、舟越桂、牧野宗則、棟方志功、山中現、山本容子、横尾忠則、吉田博、吉原英雄、李禹煥

「炎芸術」

季刊「炎芸術」は、1982年創刊以来、多くの陶芸愛好家・コレクターなどに愛読され続けています。高品質なビジュアルの陶芸専門誌として、日本のみならず海外からも、大きな注目を集めています。「炎芸術」では、作家を中心に陶芸の世界を深く取り上げています。また、作陶をする皆様を対象として、初級から上級まで、陶芸技法書シリーズも刊行しています。

「炎芸術」で紹介したおもな作家

中里無庵(1895-1985)

1895(明治28)年十一代中里天祐の次男として生まれる。1914年佐賀県立有田工業学校別科(製陶科)修了。27年十二代中里太郎右衛門を襲名。29年佐賀・長崎両県下の古唐津窯跡発掘調査に着手。55年文部省より無形文化財「唐津焼」として指定される。65年岸岳飯洞甕下窯を参考にし、割竹式登窯を築窯。69年京都大徳寺本山にて得度し、号無庵を授かる。76年重要無形文化財「唐津焼」保持者(人間国宝)に認定される。85年89歳で死去。(「炎芸術」103号巻頭特集)

浅野陽、荒川豊蔵、石黒宗麿、板谷波山、今泉今右衛門(13代)、岡部嶺男、隠崎隆一、加藤唐九郎、加藤土師萌、金重素山、金重陶陽、加守田章二、河井寛次郎、北大路魯山人、楠部彌弌、清水六兵衛(6代)、栗木達介、鯉江良二、小山冨士夫、酒井田柿右衛門(14代)、鈴木治、鈴木蔵、田村耕一、辻清明、富本憲吉、中里無庵、濱田庄司、藤原啓、三浦小平二、三輪休雪(11代)、三輪龍作、八木一夫、和太守卑良

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2014