検索条件

  • オンラインショップについて
    • ご利用ガイド
    • 登録情報確認・変更
    • お問い合わせ
    • 海外からのご購入
    • 個人情報保護方針
    • 会社概要
    • SSL3.0脆弱性について
HOME > 美術 > 陶芸・工芸 > 陶芸ガイドブック
商品名
価格
3,300 円(税込)
数量:
陶芸家が作る様々な陶磁器の中でも、今、最も人気の高いものが酒器です。酒器には、ぐい呑、盃、片口、徳利などがあり、それらは実際に使って楽しむことができ、また手ごろな大きさで集めやすく、その小さな姿の中に作家の技術と趣向が凝縮して込められていて、それが一番の人気の理由になっています。本書では、そうした酒器を「今、注目の作家30人」「多彩な現代作家」「巨匠の名品」に分けて、作家別に紹介しています。また、定番と言われる「備前の徳利、唐津のぐい呑」のポイントや、ぐい呑を持ち歩くための「仕覆(しふく)」、実際の酒器コレクタなどを取り上げ、酒器の楽しみについて紹介しています。酒器を扱う全国のギャラリーも掲載し、酒器を見て・買って・楽しむきっかけとなる一冊になります。
商品名
価格
3,300 円(税込)
数量:
「人の手で作られたもの」「土や木などの天然の素材で作られたもの」という意味で、近年、陶磁器が改めて注目を集めています。また、陶磁器には“美術工芸品”としての側面があり、古典の名品は、今もわれわれ日本人を魅了しています。本書では、そうした陶磁器の中から全国のギャラリーで購入することができる、日本の昭和以降の陶磁器を、「(物故)巨匠」と現存の「現代作家」に分けて作家別に紹介しています。また、陶磁器を販売する全国のギャラリーや、自宅での陶磁器の楽しみ方なども紹介しています。
商品名
価格
3,300 円(税込)
数量:
“茶器”とは、茶碗をはじめ、水指や花入(花生)、茶入、香炉・香合、建水、懐石での徳利・向付・鉢など、「茶の湯」の席で使われる器のことを言います。
茶器は、茶人や武家の間で茶の湯が流行した桃山時代に花開き、以来現在まで、日本の陶磁器の代表的な「器」として広く知られています。
そのため、現代の陶芸家も、茶碗を中心として「茶器」をこぞって制作しています。
本書では、全国のギャラリーで購入することができるそうした茶器を、日本の「現代作家」と「(物故)巨匠」に分けて作家別に掲載しています。
また、茶器を販売するギャラリーや、茶席や自宅での茶器の楽しみ方なども紹介しています。
商品名
価格
3,300 円(税込)
数量:
近年、陶芸家の作る“酒器”に注目が集まっています。
それは、その小さな姿の中に作家の技術と個性が凝縮するように表現され、見て、使って楽しめ、手頃な大きさのためにコレクションをしやすいものであるためです。
本書では、そうした酒器を「注目作家20人の酒器」「現代作家94人の酒器」「巨匠31人の酒器」に分けて、作家別に紹介しています。
また、酒器の鑑賞の仕方やコレクションの楽しみ、陶芸家の酒器を出す料理店を取り上げています。
さらに、酒器の販売先である全国のギャラリーを紹介しています。
酒器を見て・買って・楽しむきっかけとなる一冊です。
商品名
価格
3,300 円(税込)
数量:
近年、陶芸家の作る“陶磁器”に注目が集まっています。
それらは、各地の土を素材にして伝統技法によって作られ、作品からは、陶芸家たちの多種多彩な表現を楽しむことができます。
本書では、そうした陶磁器を、徳利やぐい呑、片口などの「酒器」、茶碗や花入(花生)、水指などの「茶器」、皿や鉢などの「食器」、壺や瓶などの「花器」、さらに彫刻的要素を持つ「オブジェ」の5つに分けて紹介しています。
また、全国の陶磁器ギャラリー、「茶箱」を使った陶磁器の楽しみ方、陶磁器コレクター、現代作家の器で料理を楽しむ店なども紹介しています。
陶磁器を見て・買って・楽しむきっかけとなる一冊です。
(全8件)

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2022