検索条件

  • オンラインショップについて
    • ご利用ガイド
    • 登録情報確認・変更
    • お問い合わせ
    • 海外からのご購入
    • 個人情報保護方針
    • 会社概要
    • SSL3.0脆弱性について
HOME > 美術 > 陶芸・工芸 > 陶芸ガイドブック > 見て・買って楽しむ 愛しの酒器
商品名
見て・買って楽しむ 愛しの酒器
商品コード
719
価格
3,300 円 (税込)
数量
カゴに入れる
見て・買って楽しむ 愛しの酒器
陶芸家が作る様々な陶磁器の中でも、今、最も人気の高いものが酒器です。酒器には、ぐい呑、盃、片口、徳利などがあり、それらは実際に使って楽しむことができ、また手ごろな大きさで集めやすく、その小さな姿の中に作家の技術と趣向が凝縮して込められていて、それが一番の人気の理由になっています。本書では、そうした酒器を「今、注目の作家30人」「多彩な現代作家」「巨匠の名品」に分けて、作家別に紹介しています。また、定番と言われる「備前の徳利、唐津のぐい呑」のポイントや、ぐい呑を持ち歩くための「仕覆(しふく)」、実際の酒器コレクタなどを取り上げ、酒器の楽しみについて紹介しています。酒器を扱う全国のギャラリーも掲載し、酒器を見て・買って・楽しむきっかけとなる一冊になります。

A4変型判、200頁。

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2022