ようこそ ゲストさん

  • ホームへ戻る
  • サイトマップ
  • マイページ
  • カートを見る
HOME > 陶芸・工芸 > 漆工芸

漆工芸

商品名

漆の技法 応用篇 (柴田克哉)

価格
\ 2,300 +税
数量
購入
漆の技法 応用篇 (柴田克哉)
本書は、2012年9月に刊行された『工芸入門講座 漆の技法』の応用篇となります。
講師は前書同様、漆芸家・柴田克哉氏をむかえ、前書で紹介した漆の基本技法を踏まえて発展させた「応用」技法を紹介し、本格的な漆器作りを学びます。
漆の技法には、素地・下地・塗り・加飾・仕上げの段階で様々な塗りの技法があり、それらを組み合わせることで〝漆器〟を作り上げます。
本書では、応用技法として素地に和紙を用いる「一閑張り」「張抜き」、素地に直接漆を塗り地粉や砥粉を蒔いて補強する「蒔地」、さらに塗りに一工夫加えて見た目をより華やかにする「変わり塗」などを紹介します。
漆の基本技法をマスターした方が、さらに本格的な漆器作りに挑戦できます。
前書と合わせて、〝漆の技法〟をマニュアルとして紹介する唯一の技法書となります。
商品名

漆の技法 (柴田克哉)

価格
\ 2,300 +税
数量
購入
漆の技法 (柴田克哉)
近年、趣味で「漆(うるし)工芸」を始める人が増えています。しかし、陶芸に比べて専門的で、実際にその技法を習得するためには、カルチャーセンターか漆芸作家の教室などで学ぶしかなかったのです。また、技法書によって、ひとりで手軽に漆芸を始めようとしても、ほとんど出版されていませんでした。そこで、個人でも漆工芸を独習できる技法書を刊行しました。本書では、陶磁器修復法の「金継ぎ」から、基本の「塗り」、「加飾」の基本の「蒔絵」「螺鈿」「卵殻」へ、さらに自由な造形の「乾漆」技法を学びます。
商品名

うるしの器

価格
\ 2,381 +税
 
在庫なし
うるしの器
平易に漆器と漆芸制作を始めることができる、本邦初の漆芸マニュアル。平蒔絵などの加飾技法まで紹介。
  • (全3件)
  •  

このページのTOPへ

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2017