ようこそ ゲストさん

  • ホームへ戻る
  • サイトマップ
  • マイページ
  • カートを見る
HOME > 版画・写真 > 版画作品集

版画作品集

商品名

具滋賢 全版画 1978-2016

価格
\ 12,000 +税
数量
購入
具滋賢 全版画 1978-2016
具滋賢氏は1955年韓国の大邱に生まれ、韓国の現代版画のリーダー的な版画家である。
1980年代に日本に留学し、大阪芸術大学、九州産業大学、京都精華大学で、主にリトグラフ技法を学んだ。帰国後は、さらにシルクスクリーン、木版画と制作を拡げ、版画工房を主宰し、また絵画の制作にも力を入れ、画家・版画家として現在第一線で活躍している。
本書は韓国でも初となる具滋賢氏の全版画カタログ・レゾネの出版である。
商品名

小村雪岱作品集 新装版

価格
\ 12,000 +税
数量
購入
小村雪岱作品集 新装版
大正時代から昭和初期にかけて、装幀・装画、挿絵、舞台美術の世界で活躍した画家・小村雪岱は、泉鏡花の小説『日本橋』の装幀家としてデビューして高い評価を得、その後、邦枝完二の新聞小説『おせん』の挿絵で挿絵画家としての地位を確立しました。
さらに、雪岱の作り上げた舞台装置の数々は、その後の舞台美術を決定づけます。
本書では雪岱の残した日本画・木版画・装幀・挿絵・デザイン各分野の作品を可能なかぎり収録し、その仕事の全貌を明らかにした作品集です。
制作に関する自筆文献、装幀・挿絵・舞台美術年表なども収録しています。
本書は2010年3月にタトウ・函装の豪華版として刊行した書籍を、本体を変更せず新装版として出版したものです。 
商品名

斎藤清 版画作品集

価格
\ 6,000 +税
数量
購入
斎藤清 版画作品集
本書は1990年に小社より刊行した『斎藤清画業』を、ソフトカバー新装版として出版した版画作品集である。
斎藤清は福島県会津出身の版画家。「会津の冬」シリーズ、鎌倉、京都・奈良、富士山など日本の風景を題材にした木版画で、戦後まもなく国内はもとより海外で人気を呼んだ。日本を代表するポピュラーな版画家として、現在もその評価は高い。

判型 : 275×220mm 総頁数 : 232頁
商品名

銅版画家 清原啓子作品集

価格
\ 3,000 +税
 
在庫なし
銅版画家 清原啓子作品集
わずか30点の版画作品を遺して31歳で急逝した天才銅版画家・清原啓子。夢野久作などの幻想小説によってイマジネーションを膨らませ、緻密で繊細な線描によって描かれた神秘的で象徴的な独特の世界観は、いまなお版画ファンのみならず、文学ファンからも注目を集めています。
本書には全銅版画作品をはじめ、素描を含め、未完成作品の試刷まで全作例を収録しました。また、生前制作ノートに書きつけた作家自身の言葉や、作品のために執筆された詩稿も掲載しており、清原啓子の画業を総覧できる唯一の書籍となります。

判型 : A4変型判 (297×220mm) 並製カバー、モノクロダブルトーン
総頁数 : 104頁
作品掲載点数 版画(試刷含) 32点、素描(複写含) 19点
監修・八王子市夢美術館
VALLOTTON フェリックス・ヴァロットン版画集
フェリックス・ヴァロットンは、ナビ派の画家として19世紀末のパリで活躍する一方、白と黒のみの鮮烈なコントラストで表現した木版画によって、ヨーロッパにおける創作版画としての木版画を復活させ、近代版画史に大きな足跡を残しました。
本書は三菱一号館美術館の監修により、所蔵版画作品187点の中から、主要な107点を選び出して掲載した日本初の版画集です。
パリの人々の生活の様子を描いた〈息づく街パリ〉、洗練された白黒の陰影表現によって、親密で緊張感のある場面を描いた〈楽器〉、〈アンティミテ〉や〈万国博覧会〉、〈これが戦争だ!〉といった代表的な連作の他、肖像画、風景画、風刺画を1ページに1点という見やすいレイアウトで紹介しています。どの作品からも、作家の冷静でユーモアのある視点と卓越したデザインセンスを感じることができ、これまで日本ではあまり知られていなかったヴァロットンの版画業を知るにはうってつけの1冊です。

判型:B5変型版(213×185mm) 総頁数:220頁

このページのTOPへ

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2017