ようこそ ゲストさん

  • ホームへ戻る
  • サイトマップ
  • マイページ
  • カートを見る
HOME > 美術 > 陶芸・工芸 > 陶芸ガイドブック

陶芸ガイドブック

珠玉の酒器 見て・買って楽しむ陶芸の名品
徳利や酒注(さけつぎ)、片口、ぐい呑、盃(さかずき)などの酒器は、陶芸家がつくるさまざまな陶磁器の中でも、最も人気の高いものです。それは、見て楽しめ、また実際にお酒を酌んで楽しむこともでき、そして何より、作家の技術や魅力が凝縮するように表現されているからに他なりません。本書では、そうした酒器を、物故の巨匠と現代作家に分けて紹介します。さらに、全国の酒器を販売するギャラリーなど、情報満載です。

このページのTOPへ

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2020