ようこそ ゲストさん

  • ホームへ戻る
  • サイトマップ
  • マイページ
  • カートを見る
HOME > 美術 > 陶芸・工芸 > 陶芸作品集

陶芸作品集

商品名

高麗茶碗 井戸・粉引・三島

価格
\ 2,500 +税
数量
購入
高麗茶碗 井戸・粉引・三島
“高麗茶碗”とは、朝鮮半島で14~17世紀にかけて焼かれた茶碗のことを言う。ただし、その中にはもともとは茶碗として作られたものでないものを日本の茶人が茶碗に見立てたものと、茶人がわざわざ朝鮮半島に注文して作らせたものがある。桃山時代の茶の湯の世界で一世を風靡し、その後も長く茶の湯の世界で愛され、現在、日本の国宝の茶碗の一つに高麗茶碗(井戸茶碗)が含まれている。しかし、高麗茶碗が焼かれた本場の朝鮮半島には、破片を除いて一つも残されていない。つまり、高麗茶碗は日本人の美意識によって培われ、長く伝えられてきた茶碗なのである。本書では、そうした高麗茶碗の名品と、日本の近現代作家が作った高麗茶碗を紹介する。また、現代作家の高麗茶碗の技法、高麗茶碗の名品を所蔵する美術館なども紹介している。
商品名

天目 てのひらの宇宙

価格
\ 2,500 +税
数量
購入
天目 てのひらの宇宙
“天目(てんもく)”とは、黒い釉薬が掛かった茶碗のことを言います。
茶碗の内面に、斑紋が夜空の星のように輝く「曜変(ようへん)天目」が最もよく知られており、他にも天目には様々な種類があり、その多くが国宝や重要文化財に指定されています。
日本では、大正時代以降に陶芸家の巨匠たちが多彩な天目を作りはじめ、現在も数多くの作家が独自の天目の制作に取り組んでいます。
本書では、曜変天目をはじめとする中国で作られた天目の名品をはじめ、日本の近現代作家の天目茶碗を紹介しています。
また、現代作家の天目の技法、天目の名品が見られる美術館を紹介しています。
商品名

青磁 清澄な青の至宝

価格
\ 2,500 +税
数量
購入
青磁 清澄な青の至宝
“青磁”は、中国で作られた青く美しいやきものである。その青さは、雨上がりの澄み切った青い空(雨過天晴)に例えられ、東アジアの三大陶磁器の一つに数えられている。
また、中国陶磁の黄金時代とされる宋時代に、国が直轄する窯で焼かれていたこともあり、皇帝がやきものに求めた理想を体現していると言われ、格調高い気品が備わっている。
本書では、青磁に取り組み、独自の青磁を目指した近代の巨匠作家と、現在、自分自身の青磁を作ろうと悪戦苦闘を繰り返している現代作家を中心に紹介している。
商品名

備前 土と炎の芸術

価格
\ 2,500 +税
数量
購入
備前 土と炎の芸術
季刊「炎芸術」の備前焼特集、関連記事の再編集を中心にして、新たな写真、取材記事を加え、備前焼作家を紹介する集大成。“備前焼中興の祖”と言われる金重陶陽をはじめ、藤原啓、山本陶秀、藤原雄、金重素山、金重道明、中村六郎ら物故の巨匠から、伊勢﨑淳、隠﨑隆一、金重有邦ら、現代の人気作家35名を取り上げている。また、備前焼の名品と800年の歴史、主要作家系統図、用語集、備前焼を鑑賞できる美術館、人気作家の作品価格まで、初級者向けのガイドも満載。備前焼を鑑賞するための最良の入門書。
美濃の陶芸家たち 109人の作家と6つの窯元
岐阜県南東部に位置する多治見市、土岐市、瑞浪市、可児市の周辺は、“美濃焼”という陶磁器の産地として全国的に知られています。本書では、その多治見市などを中心に、岐阜県内でやきもの作りに取り組む109人の陶芸家と6件の窯元を紹介しています。「織部」や「志野」や「瀬戸黒」などが焼かれ、桃山時代に黄金期を迎えた美濃焼の伝統を引き継ぎながらも、伝統のみに縛られることなく、多種多彩な現代の美濃焼に挑戦しています。
岐阜県内の陶芸美術館や博物館など、訪ねてみたい陶芸関連施設の情報も掲載しています。

このページのTOPへ

©ABE PUBLISHING LTD. 2001-2020